技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

Posts in the Windows category

CygwinにJavaをインストールしようと思い、Cygwinのsetup.exeやapt-cygからパッケージを探したのだが、見つからなかった。
 
調べてみるとCygwin用のJavaは提供されていないらしく、既存のCygwinユーザの方々は渋々Windows用のJavaを使っているようだ。しかし、Windows用のJavaをCygwinで使おうとすると、パスの書き方をWindowsのパスの書き方にしないといけなかったりで、なかなか煩わしい(Windowsのディレクトリ構造を表す円マークはCygwinではエスケープ文字という扱いがされていたりして)。
 
そこで、CygwinでJavaを快適に使うための方法が紹介されている記事を見つけたので、それを参考にしてjava_wrapperを導入してみたのでメモしておく。
 

java_wrapperを導入する

まずは、こちらのサイトからjava_wrapperをダウンロードする。
Cygwin上でJavaコマンドを快適に使用する環境 プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP
 
ダウンロードしたjava_wrapperをCygwinの/binに配置する。
 
続いて、環境変数JAVA_HOMEにWindows版のJavaがインストールされている(binディレクトリが存在するディレクトリ)を設定する。[システムのプロパティ]-[詳細設定]-[環境変数]-[システム環境変数]-[新規]から変数名をJAVA_HOME、変数値をC:\Program Files\pleiades\java\8として設定する(変数値はそれぞれの環境で異なるので要確認)。
 
Cygwinの/binディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行する。

./java_wrapper createsymlinks

 
このコマンドは、単にWindows版Javaのbinディレクトリにある.exeと名前の付いたプログラム名をコピーし、”javaw”などの実行用のシンボリックリンクを自動生成するものである。
 
尚、このコマンドを実行した際に”○○○のシンボリックリンクの作成に失敗しました”のようなエラーが表示されるが、気にしなくて良い(私がこの記事を書いている2015年3月10日時点でのjava_wrapperの最終更新日は2011年09月19日となっているので、2011年当時のWindows版Javaのbinディレクトリと最新版のJavaのbinディレクトリでは構成に差異がある可能性が高いため)。
 
Cygwinのmintty上で以下のようなコマンドを実行して、正常に設定できているかを確認する。

java -version

 
実際のレスポンス

java version "1.8.0_20"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_20-b26)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.20-b23, mixed mode)

 
 
以上
 
 
参考
CygwinでJavaを快適に使う

前の会社ではMacbook AirにiTerm2(ターミナル環境)、Alfred(アプリケーションランチャ)、Vim(エディタ)などをインストールして開発を行っていたが、転職に伴ってPCがIiyama製のWindowsノートパソコンに変わったので、前の開発環境になるべく近付けるように色々な設定を行った。
 

ターミナル環境

iTerm2の代わりにCygwinをインストールした。Cygwinは仮想的にターミナル環境を実現するツール郡である。Cygwinに付属のMinttyはiTerm2と比べてもほとんど遜色ないが、タブが使えないのが残念である(仕方がないので、tmuxのタブ機能で代替している)。
 

アプリケーションランチャー

Alfredに代わるランチャとしてExecutorをインストールした。Alfredと比べて、Executorは無料であるが、Alfredの備える様々な機能には残念ながら及ばない。しかし、普通にランチャとして使うなら十分に納得のいくものである。
 

メインエディタ

Macbookで開発していたときは、PHPとJavascriptをメインで書いていたこともあって、VimにneosnippetとneocomplcacheとSyntasticとJSLintを導入してやっていたが、転職に伴いメインで使う言語がJavaになってしまった。Javaと言えば、Eclipseが最強過ぎてVimではイマイチ追従出来ないのでEclipseにVrapper(Vimのキーバインディングを実現するプラグイン)を入れることで満足のいくものになった。Vrapperでは、vim-surroundが使えるし、補完はneocomplcacheの代わりにCtrl + Spaceを使えば良い。更にVimでおなじみのCtrlpの代わりにCtrl + Shift + rでファイルの語句検索も出来るし、Taglistが無いと生きられない人の為にCtrl + Alt + hによる階層ジャンプも用意されている。
Vrapperの導入については、こちらの記事にまとめた。
 

マークダウンエディタ

Macのマークダウンエディタと言えば、Macdownの使い勝手が群を抜いて良かったが、あの使い勝手に最も近いであろうマークダウンエディタをWindowsでも見つけることが出来た。アプリケーション名は、Haroopad。なんとMacdownに無かったVimキーバインドまで使える優れものなのだが、惜しいことに少しバグがあるようである。
 

おまけ:タッチパッドをMacbook Airのタッチパッドの触り心地に近付ける試み

メーカーにより設定方法が異なるが、私の環境での設定方法を載せておく。
[コントロールパネル]-[マウス]-[デバイス設定]-[設定]から設定を行う。

  • 1本指でのスクロールを無効にする
  • PalmCheck(タッチパッドの誤操作を防ぐ機能)を最大まで上げる
  • タッチ感度を最大まで軽くする
  • タップ機能を全て無効にする

 
 
以上
 
 
参考
特になし

Excelの操作で迷ったことがあったので,解決方法をメモ。
 

1行ごとにセルに網掛けを行う方法

1行ごとにセルに網掛けを行う方法には以下の2つの方法がある。状況に応じて使い分けると作業が捗りそう。

  • 「テーブルとして書式設定」から設定する
  • 「条件付き書式」から設定する

 
以下より,それぞれの方法について説明する。
 

「テーブルとして書式設定」から設定する

ウィンドウ上部のメニューから「テーブルとして書式設定」を選択し,セルにテーブルスタイルを割り当てる。この際に1行ごとに網掛けになっているテーブルスタイルを選択することで,実現できる。
 
exceltable
 

「条件付き書式」から設定する

ウィンドウ上部のメニューから「条件付き書式」を選択し,「新しいルール」を選択する。新しいウィンドウが開かれるので「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択し,=MOD(ROW(),2)=0という式を入力する。続いて,同ウィンドウ内の「書式」を選択し,「塗りつぶし」タブから網掛けの色を選択する。
 
excelnewrule
 
この2つの方法でExcelのセルを1行ごとに網掛けにすることができた。
 
 
以上
 
 
参考
[エクセル]エクセルで簡単に1行おきの網掛け設定! – FMVサポート : 富士通

諸事情でGit用のユーザでサーバ機にSSH接続する必要があった。サーバにSSH接続をできるようにセットアップする方法をメモとして残しておく。
 
SSH接続を行うにはサーバー側とローカル側の2箇所を設定する必要がある。
 

公開鍵と秘密鍵を作成する

まず、ローカルでssh-keygenコマンドにて公開鍵と秘密鍵を生成する。生成する際にパスフレーズの入力を求められるので適切に入力する。

ssh-keygen -t rsa #RSA方式の鍵を作成する

 

生成した公開鍵の名前を変更する

以下のコマンドで公開鍵の名前の変更を行う。

mv ~/id_rsa.pub ~/authorized_keys

 

公開鍵をサーバー側に渡す

何らかの方法でサーバー側の以下のディレクトリに公開鍵を移動する。ディレクトリが存在しなければ、作成する。

~/.ssh/

 

パーミッションを適切に設定する

~/.ssh~/.ssh/authorized_keyのパーミッションを適切に設定しないと接続を行うことが出来ないので,以下のように設定する。

chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys
chmod 700 ~/.ssh

 

秘密鍵をWinSCP(Putty)で読み込めるように変換する

SSH接続にはWinSCPとPuttyを用いる。取得した秘密鍵をputtygen.exeにてPuttyが読み込めるファイル形式に変換する。
メニューのFileからLoad private keyを選択し、秘密鍵を指定する。パスフレーズの入力を求められるので、先ほど鍵を生成する際に利用したパスフレーズを入力する。Save private keyを選択し、変換した鍵をローカルに保存する。
 

WinSCPからSSH接続を行う

WinSCPを起動し、メニューの新規から必要な情報を入力し、設定を保存する。メニューのログインから接続を行うことができる。
 
 
以上
 
 
参考
ぱせら氏からのアドバイス
Linuxでsshの鍵を作成するには
EC2にSSH接続用のユーザーを作成する – Qiita [キータ]

WindowsXPにKAORIYAのGVimを導入してみた。他の人のvimrcを見て周り、まずは無難な設定にした。一応、メモとして残しておく。
 

_vimrcと_gvimrcを設定する

以下、”_vimrc”と”_gvimrc”の設定。共通の設定は”_vimrc”に記述し、GVim特有の設定は_gvimrcに設定する。
Gvim特有の設定とは、ウィンドウサイズやIMEやフォントやクリップボード関連の設定を指す。
※”vimrc”と”gvimrc”ではなく、KAORIYAに推奨されている通りに”_vimrc”と”_gvimrc”を作成して設定を記述する。
※設定が環境依存になっているコードはハイライトしてある。
 

_vimrc

"Plugin
"プラグインを読み込む場合はここに記述する。
 
 
"Encode
"下記の指定は環境によって文字化けする可能性があるので適宜変更する
set encoding=UTF-8 "文字コードをUTF-8にする
set fileencoding=UTF-8 "文字コードをUTF-8にする
set termencoding=UTF-8 "文字コードをUTF-8にする
 
 
"File
set hidden    "ファイル変更中でも他のファイルを開けるようにする
set autoread    "ファイル内容が変更されると自動読み込みする
 
 
"Backup
set backupdir=$HOME/.vim/backup    "バックアップディレクトリを指定する
set browsedir=buffer    "ファイル保存ダイアログの初期ディレクトリをバッファファイル位置に設定
set directory=$HOME/.vim/backup,c:\temp    "スワップファイルディレクトリを指定する
set history=1000    "履歴保存数
 
 
"Search
set incsearch    "インクリメンタルサーチを行う
set hlsearch    "検索結果をハイライトする
set ignorecase    "検索時に文字の大小を区別しない
set smartcase    "検索時に大文字を含んでいたら大小を区別する
set wrapscan    "検索をファイルの先頭へループする
 
 
"Input
set cindent "C言語のインデントに従って自動インデントを行う
set shiftwidth=4    "行頭での<Tab>の幅
set tabstop=4   "行頭以外での<Tab>の幅
set expandtab   "<Tab>の代わりに<Space>を挿入する
set softtabstop=4   "expandtabで<Tab>が対応する<Space>の数
set backspace=indent,eol,start
set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,] "カーソルを行頭、行末で止まらないようにする
set clipboard=unnamed "クリップボードを利用する
 
"" Dvorak用にhtで左右移動するようRemap
"noremap  t     l
 
"" 挿入モード中に'Ctr-*'でコマンドモードでの移動を可能にする
"カーソルを右へ(foward)
inoremap <c-f> <right>
"カーソルを左へ(backward)
inoremap <c-b> <left>
 
"" 空白文字を表示
set list    "タブ、行末等の不可視文字を表示する
set listchars=tab:> ,trail:_,eol:$
scriptencoding utf-8 "これ入れないと下記が反映されない
augroup highlightZenkakuSpace "全角スペースを赤色にする
  autocmd!
  autocmd VimEnter,ColorScheme * highlight ZenkakuSpace term=underline ctermbg=Red guibg=Red
  autocmd VimEnter,WinEnter * match ZenkakuSpace / /
augroup END
 

 
 

_gvimrc

"Display
colorscheme desert
set background=dark
syntax on   "シンタックスカラーリングを設定する
set number    "行番号を表示する
set title    "編集中のファイル名を表示する
set showcmd    "入力中のコマンドを表示する
set ruler    "座標を表示する
set showmatch   "閉じ括弧の入力時に対応する括弧を表示する
set matchtime=3 "showmatchの表示時間
set laststatus=2    "ステータスラインを常に表示する
 

 
 
以上。
 
 
メモ:友人に勧められたプラグインを後で入れてみよう思うので、メモとして残しておく。
プラグイン管理関連:
neobundle.vim
補完関連:
neocomplcache.vim
シェル関連:
vimshell.vim
ファイル関連:
unite.vim, vimfiler.vim, ctrlp.vim
テキスト関連:
surround.vim
プログラミング環境関連:
quickrun.vim
 
 
参考資料
vimの設定ファイル(.vimrc)を晒してみる
Vimを見やすく、スタイリッシュに。コダワリの設定 2項目
Hack #40: 不可視文字を表示する