技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

Posts in the 英語 category

助動詞について勉強したのでメモしておく。
 

助動詞とは

助動詞とは、動詞の直前に置き、意味を述語動詞に付け加えるものである。その際、動詞は必ず原形になる。
 

助動詞の種類

助動詞 意味 覚え方
can …することができる,…することが可能だ / …ということもあり得る,…する可能性がある 「可能」 と 「可能性」 を表す,と覚える。1番目の意味では is [am, are] able to に置き換えることができる。
must …しなければならない / …にちがいない 「絶対」 を表す,と覚える。どちらの意味でも口語では have [has] to に置き換えることができる。
will …することになる / …するつもりである 未来のことを(確信を込めて)予想したり,話し手の意志を述べる。
may …かもしれない / …してもよい 五分五分以下の予想を表したり,許可を表す。「許可」を表す場合は You may …(君は…してもよい),May I …? (…してもかまいませんか?)という文で用いる。
shall Shall I …? で …しましょうか? / Shall we …? で …しますか? 相手の意志を尋ねる疑問文で用いる。改まった表現である。
should …すべきである / …するはずだ 「当然」「妥当性」 を表す,と覚えておけばよい。どちらの意味も ought to に置き換えることができる。
could …することができるだろう / …することもありうるだろう / …することができた 1番目と2番目の意味は,can の1番目と2番目の意味を控えめに,もしくは想像的に述べたものである。could は can の断定的な意味合いを和らげるのに用いるのが基本となる。3番目の意味は過去の文脈で用いる。
would …であろう(に) / …したものであった 1番目の意味は現在や未来の状況を想像しながら述べるのに用いる。2番目の意味は過去のことを思い出しながら述べるのに用いる。
might …かもしれない / …することもありうるだろう 可能性を述べるのに用いる。could の2番目の意味とほぼ同じで,may の1番目の意味をより控えめな言い方にしたもの。

 
 
以上
 
 
参考
英語 基本的な助動詞
中学英語 助動詞
英文法-助動詞

接続詞の基本的な用法を社内勉強会で習ったので,改めて使い方を調べてメモしておく。

接続詞とは

接続詞は,文と文,節と節、句と句、語と語など項目同士の関係を示す役割を担う品詞のひとつである。接続詞には,語と語,句と句,文と文を等しい関係でつなぐ等位接続詞と,文と文を主従関係でつなぐ従属接続詞の2種類が存在する。

従属接続詞とは

従属接続詞は,文と文を主従の関係で結ぶ接続詞である。複文において,主節と従属節を結び付ける働きをする。ここでの主節とは,それ自身で独立した文になれる節のことであり,従属節とは,主節に付加的な情報を与える節のことで,それ自身では独立した文になれない節のことを指す。
 

主な従属接続詞

時を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
when するとき
whenever, every time, each time するときはいつでも
while している間は
before する前に
by the time するまでには
until, till までずっと
after した後で
since してからずっと
as soon as, the moment, the instant, directly するやいなや

 

原因、理由を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
because なぜなら~だから
since なので
as なので
that だから
now that 今や~だから
seeing that だから
on (the) grounds that ~を根拠として、~の理由で

 

仮定、条件を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
if もし
on condition that もし
supposing(that) もし
in case もし
as[so] long as ~で(さえ)あれば
unless もし~でないなら

 

目的を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
in order that するために
so that するために
that するために
lest ~しないように
for fear (that) ~しないように
in case ~したばあいにそなえ

 

結果を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
so [形容詞か副詞] that 非常に~なので
such [名詞] that 非常に~なので
as (比較を行う)
than (比較を行う)

 

譲歩を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
though ~にもかかわらず、~といえども
although ~にもかかわらず、~といえども
even if たとえ~であっても
even though たとえ~であっても
while ~ではあるが、~する一方で
as ~にもかかわらず ※young as he isのように節内の主格補語の形容詞などが倒置される。

 

様態を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
as ~のように
like ~のように
as if あたかも~のように
as though あたかも~のように

 

範囲を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
as far as ~の範囲では

 
 
以上
 
 
参考
接続詞 – Wikipedia

前置詞の使い方を調べたので記事にまとめておく。
 

前置詞とは

前置詞とは,「~に、~で、~へ」を表す語のこと。常に名詞の直前に置いて使われる。
 

前置詞の種類

場所を表す前置詞

at

せまい場所を表す

  • I saw him at the station.
  • (私は駅で彼を見ました。)

  • My father stayed at home.
  • (私の父は家に居ました。)

 

in

広い場所を表す

  • He lives in Japan.
  • (彼は日本に住んでいます。)

  • She lives at Sapporo in Hokkaido.
  • (彼女は北海道の札幌に住んでいます。)
    ※ at と in の両方を使用して場所を表す時は先に at を使用する。

 

方向を表す前置詞

to

方向を表す

  • We went to America last year.
  • (私たちは去年アメリカに行きました。)

  • I gave a bike to my brother.
  • (私は弟に自転車をあげました。)

 

for

目的地を表す

  • My father left Tokyo for Osaka.
  • (私の父は東京を出発し大阪へ向かった。)

 

時間を表す前置詞

at

時を表す

  • I got up at eight.
  • (私は8時に起きました。)

  • The program starts at noon.
  • (その番組は正午に始まります。)

 

on

曜日・日付を表す

  • We will have a test on Tuesday.
  • (火曜日にテストがあります。)

  • He came from Canada on February 7.
  • (彼は2月7日にカナダから来ました。)

 

in

月・年・季節を表す

  • A meeting will be in June.
  • (会議は6月になるでしょう。)

  • I was born in 2006.
  • (私は2006年に生まれました。)

  • We went to Okinawa in summer.
  • (私たちは夏に沖縄へ行きました。)
    ※this, last, next がつく場合、季節に in は必要ありません。

 

before

「~の前に」を表す

  • I always go for a walk before breakfast.
  • (私はいつも朝食の前に散歩に行きます。)

 

after

「~の後に」を表す

  • I went to the library after school.
  • (私は放課後に図書館に行きました。)

 

for

「~間」を表す

  • I am reading a book for three hours.
  • (私は3時間本を読んでいます。)

 

from

「~から」を表す

  • A test will be start from Thursday.
  • (木曜日からテストが始まります。)

  • I came from Japan.
  • (私は日本から来ました。)

 

その他の前置詞

of

「~の」を表す

  • I lost a button of my coat.
  • (私はコートのボタンをなくした。)
    ※日本語の「AのB」は、英語では「B of A」の語順になります。

 

by

手段を表す

  • I went to the stadium by train.
  • (私は電車で競技場に行きました。)

 

in

言語を表す

  • He wrote a letter in English.
  • (彼は英語で手紙を書きました。)

 

with

「~と一緒に」を表す

  • I went to the park with my dog.
  • (私は犬と一緒に公園へ行きました。)

 

for

理由・原因を表す

  • I was absent from school for a cold yesterday.
  • (私は昨日風邪のために学校を休みました。)

 

about

「~について」を表す

  • We talked about Japanese culture.
  • (私たちは日本の文化について話しました。)

 
 
以上
 
 
参考
英文法「前置詞」
前置詞

海外で運営されているオンラインゲームをプレイしている。この記事では,ネットゲームで使うことが出来る英語表現をメモしておく。最終的には,この記事を見ないでもチャットで使えるようにしたい。
 

パーティーに参加したいとき

  • Can I join your party?
  • あなたのパーティーに入れてくれない?

  • Could I join your party?
  • あなたのパーティーに入っても良いかな?

  • May I join your party?
  • あなたのパーティーに参加してもよろしいですか?

  • Would you like to go with me?
  • 私と一緒に行きませんか?(ダンジョン前で発言する)

 

パーティーから抜けるとき(抜け方)

  • It’s time to finish
  • 終わりの時間だ

  • I’ll finish soon
  • もうすぐ終わるでしょう

  • I wanna finish soon (wannaはwant toを縮めた言い方)
  • そろそろ終わりたいな

  • I’ll finish in 10 minutes
  • 10分後に終わるでしょう

 

パーティから抜けるとき(お礼)

  • Thanks for inviting
  • 招待してくれてありがとう。

  • I’m glad to see you again
  • また会えることを楽しみにしています。

 

同意するとき

  • Absolutely!
  • まったくその通り!

  • As for me, I have no objection.
  • 私については、異存はありません。

  • Exactly!
  • おっしゃるとおり!

  • Fair enough.
  • ごもっとも。

  • Good idea.
  • いい案だ。

  • Good thinking.
  • そればいい考えだ。

  • I think so, too.
  • 私もそう思う。

 

罵倒したいとき

  • What the fuck!
  • なにしやがる!

  • Enjoy the BAN
  • BANを楽しめ(BANされちまえ)

  • Fucker
  • くそ野郎

  • I’m sure you are lame
  • 俺はお前がダサいって分かっている(lameは「かっこ良くない」,「つまらない」,「独創性に欠ける」,「足が不自由な」などの意味も持っている)

 
 
以上
 
 
参考
VIP Valkyrie
http://eigozuki.com/html/hyogen-kihon/doui.shtml

接続詞の基本的な用法を社内勉強会で習ったので,改めて使い方を調べてメモしておく。
 

接続詞とは

接続詞は,文と文,節と節、句と句、語と語など項目同士の関係を示す役割を担う品詞のひとつである。接続詞には,語と語,句と句,文と文を等しい関係でつなぐ等位接続詞と,文と文を主従関係でつなぐ従属接続詞の2種類が存在する。

等位接続詞とは

等位接続詞は,等しい位のもの同士を接続する詞のことである。同一の範疇の語・句・節を対等の関係で結び付ける働きをする。同一の範疇にない語句同士(例:形容詞と名詞、名詞と副詞句等)を繋ぐことはできない。
 

主な等位接続詞

主な等位接続詞
等位接続詞 意味
and そして
or または
nor でもない
but しかし
so だから
yet しかし
except をのぞいて

 

相関接続詞

以下の相関接続詞も等位接続詞の一種である。

主な相関接続詞
相関接続詞 意味
either A or B AとBのどちらか
not only A but also B AだけではなくBも
neither A nor B AでもBでもない
both A and B AとBのどちらも
rather A than B BよりむしろA
A as well as B BとおなじくA

 

等位接続詞の使い方

等位接続詞で接続された複数の対等な節からなる文を重文という。次のような節と節との接続を考えてみる。
 
[節1] [接続詞] [節2].
 
[節1]のみでも,[節2]のみでも,それぞれで意味が通じていれば,それは重文であり,その接続詞は等位接続詞ということになる。
 
例:[犬は庭をかけまわり]、そして[猫はこたつで丸くなる]。
 
 
以上
 
 
参考
接続詞 – Wikipedia