Amazon EC2でインスタンスを作成する方法

Amazon EC2にてサーバを構築する方法を勉強したのでメモしておく。
 

仮想マシンのインスタンスを作成する

AWS Management Consoleにログインしたら、EC2を選択する。
 
画面右上のメニューから使用するリージョンを選択する。今回はAsia Pacific (Tokyo)を選択する。
 
画面左側のINSTANCESメニューから、課金タイプのメニューを選択する。
 
課金タイプには、Instances, Spot Requests, Reserved Instancesの3つが存在するが、今回は一番シンプルなInstancesを選択する。InstancesLaunch Instanceからインスタンスの作成メニューへ移動する。
 
※インスタンスの課金タイプについてはこちらで説明されている。
 

CHOOSE AN AMIフェイズ

使用したいOSを選択する。
 

INSTANCE DETAILSフェイズ

インスタンスのスペックなど、詳細を決めていく。
 
Number of Instancesには作成したいインスタンスの数を入力する。
 
Instance Typeでは作成したいインスタンスのスペックを選択する。
 
インスタンスのスペックによって料金が変わってくるので、今回は一番安価なT1 Micro(t1.micro, 613MB)を選択する。
 
Continueを選択する。
 
Advanced Instance Optionsの項目については、ほとんどデフォルトで問題ないが、Termination Protectionはインスタンスの削除にロックをかけるオプションなので、実際に運用する際にはチェックを付けておくと良い。
 
Continueを選択する。
 
Storage Device Configurationの項目はデフォルトのままにする。
 
Continueを選択する。
 
KeyごとにValueを設定する。KEYNameになっている項目のValueにはインスタンスに付けたい名前を入力する。
 
Continueを選択する。
 

CREATE KEY PAIRフェイズ

SSH接続に使用する為の秘密鍵を指定する。秘密鍵を作成済みの場合はChoose from your existing Key Pairsに鍵を指定する。
 
持っていない場合はCreate a new Key Pairから鍵を作成する。
 
Continueを選択する。
 

CONFIGURE FIREWALLフェイズ

Security Groupを設定する。
 
既にSecurity Groupを作成済みの場合はChoose one or more of your existing Security GroupsからSecurity Groupを選択する。
 
作っていない場合はCreate a new Security GroupからSecurity Groupを作成する。
 
今回のSecurity Groupの設定ではSSH接続とHTTP接続を許可する為に、以下のようにルールを追加する。

Port (Service) Source
22 (SSH) 0.0.0.0/0
80 (HTTP) 0.0.0.0/0

 
Continueを選択する。
 

REVIEWフェイズ

設定の内容に問題が無ければ、Launchを選択してインスタンスの作成を開始する。
 

インスタンスからAMIを作成する

基本的にインスタンスを停止すると、インスタンス内で保持していたデータは失われてしまう。
 
その為、インスタンスを停止した場合でもデータが消えないようにELASTIC BLOCK STOREVolumeを作成する必要がある。
 
インスタンスの作成が終わったら、作成したインスタンスを選択し、右クリックからCreate Image (EBS AMI)を選択し、AMIの作成を行う。
 
その際、Root Volumeへの保存か、EBS Volumesへの保存かを選択することが出来る。
 
Root VolumeEBS Volumesの大きな違いはインスタンスを停止した際に内容のデータが保持されるかどうかという点である。
 
Root Volumeはただの起動イメージなので、インスタンスを停止した際にはインスタンス内のデータは保持されない。これは無料で使うことが出来る。
 
EBS Volumesはインスタンスを停止した場合でもインスタンス内のデータが保持される。使用には課金が発生する。
 
基本的にRoot VolumeEBS Volumesのどちらにも作成しておくことをお勧めする。
 
Root Volumeに作成したAMIはImagesメニューのAMIsから確認を行うことが出来る。
 
EBS Volumesに作成したAMIはELASTIC BLOCK STOREメニューのVolumesから確認を行うことが出来る。
 

インスタンスとEBSのVolumeが紐付いていることを確認する

ELASTIC BLOCK STOREメニューからVolumesを選択する。
 
先程作成したVolume(EBS Volumes)を選択し、Attachmentの項目を確認する。Attachmentの項目が、INSTANCESメニューのInstancesに作成したインスタンスのInstance(識別ID)の項目と一致していれば、紐付けが成功している。
 
 
以上
 
 
参考
amazon-ec2で仮想マシンのインスタンスを作成する-前編
 

Article written by

コメントを残す