Amazon RDSでインスタンスを作成する方法

Amazon RDSでDBサーバを構築する方法を勉強したのでメモしておく。
 

仮想DBサーバーのインスタンスを作成する

AWS Management Consoleにログインしたら,RDSを選択する。
 
画面右上のメニュー(アカウント管理メニューの隣)から使用するリージョンを選択する。今回はAsia Pacific (Tokyo)を選択する。
 
画面左側のDatabasesメニューから,課金タイプのメニューを選択する。
 
課金タイプには,DB Instances, Reserved DB Purchasesの2つのタイプが存在するが,今回は一番シンプルなDB Instancesを使用する。DB InstancesLaunch DB Instanceからインスタンスの作成メニューへ移動する。
 

ENGINE SELECTIONフェイズ

使用したいDBMSを選択する。
 

DB INSTANCE DETAILSフェイズ

インスタンスのスペックなど,詳細を決めていく。
 
License ModelDB Engine Versionはデフォルトのままでよい。これはライセンスやDBのバージョンを設定する項目である。
 
DB Instance Classでは,作成したいインスタンスのスペックを選択する。今回は一番安価なdb.t1.microを選択する。
 
Multi-AZ Deploymentでは,DBの冗長化として,マスター(プライマリ)とスレーブ(セカンダリ)の構成で,2つのデータセンター(Availability Zone)に渡ってDBを構築することができる。このオプションを使用する場合は追加課金が発生する。今回は使用しないのでNoを選択する。
 
Multi-AZ Deploymentについてはこちらで説明されている。
 
Auto Minor Version Upgradeではマイナーバージョンへの自動アップデートを使用するかを決める。今回はYesを選択する。
 
Allocated Storageでは使用したいストレージの容量を決める。最小が5GB,最大が3072GBなので,今回は最小の5GBを使用するので5と入力する。
 
Use Provisioned IOPSではプロビジョニング(空いているリソースを自動的に割り当てること)によりサーバが1秒間に処理できる能力が向上する(冗長化構成)。使用する場合は追加課金が発生する。今回は使用しないので,そのままにする。
 
Use Provisioned IOPSについてはこちらで説明されている。
 
DB Instance IdentifierにはDBサーバの識別に使用する任意のIDを入力する。
 
Master UsernameにはDBサーバへの接続に使用する任意のユーザ名を入力する。
 
Master PasswordにはDBサーバへの接続に使用する任意のパスワードを入力する。
 
Continueを選択する。
 

ADDITIONAL CONFIGURATIONフェイズ

Database NameにはDBに付ける任意の名前を入力する。
 
その他の項目はデフォルトのままにする。※DB Security Group(s)の項目のみ後述にて変更を加える。
 

MANAGEMENT OPTIONSフェイズ

Enabled Automatic Backupsでは自動バックアップ機能を有効にするかどうかを選択する。今回はバックアップを取りたいのでYesを選択する。
 
※バックアップを取るとバックアップ分のデータがストレージの容量を圧迫することに注意。
 
Backup Retention Periodでは自動バックアップで保存したデータの保存期間を選択する。今回は1日だけ保存したいので1を選択する。
 
Backup Windowでは自動バックアップを実行する時間を設定する。No Preferenceでは任意のタイミングでバックアップを実行することができるが,サーバが数分間無応答となる。Multi-AZ Deploymentを使用している場合はこれは発生しない。
なので,可能な限り,バックアップを取りたい場合はSelect Windowを選択し,バックアップの実行時間を指定した方が良い。
今回は日本時間(JST)で午前5時に実行したいので,Start Timeには20:00を指定し,Durationではバックアップの完了までにかけて良い時間を決めるので0.5(30分間)を指定する。
 
Continueを選択する。
 

REVIEWフェイズ

設定の内容に問題が無ければ,Launch DB Instanceを選択してインスタンスの作成を開始する。
 

Security Groupを作成する

以下では,Security Groupを作成し,EC2のインスタンスから接続ができるようにする。
 
インスタンスの作成が終わったら,DB Security GroupsからCreate DB Security Groupsを選択し,Security Groupを作成する。
 
NameにはSecurity Groupに付ける任意の名前を入力する。DescriptionにはSecurity Groupに付ける説明を入力する。
 
Yes, Createを選択する。
 
作成したSecurity Groupを選択し,Descriptionタブからルールを追加する。
 
今回のSecurity Groupの設定では,既に作成済みのEC2のインスタンスからのアクセスを許可したいので,以下のようにルールを追加する。

Security Groupの設定
Connection Type Details Status
CIDR/IP CIDR/IP:0.0.0.0/0 authorized
EC2 Security Group AWS Account ID:000000000000000 Security Group:test-ec2-sg authorized

 
これを設定するにはEC2側でもSecurity Groupを作成する必要があるので,前回書いた記事の通りにEC2側のSecurity Groupが設定できていれば問題ない。
 

作成したDBインスタンスにSecurity Groupを割り当てる

DatabasesメニューからDB Instancesを選択する。一覧から作成したインスタンスを選択し,右クリックからModifyを選択する。
 
Security Groupにて,先程作成したSecurity Groupを選択する。
 
Continueを選択する。
 
ここまで手順通りに上手く設定できていれば,DBのインスタンスを作成することができる。
 

リードレプリカ

Amazon RDSには,「リードレプリカ」を作成する機能がある。リードレプリカとは,読み取り専用として利用する複製DBのことである。
リードレプリカは,マスターのデータを非同期にレプリケーション(同じ内容を複製)する。リードレプリカは,非同期なので常にマスターと完全に内容が一致しているわけではない。なので,マスターの負荷分散用として使用することが推奨される。つまり,更新系はマスターで行い,参照系はレプリカで行うという使い方が想定されている。
リードレプリカの作成方法は,マスターDBを右クリックし,メニューからCreate Read Replicaを選択する。基本的なDBの情報を入力し,Yes, Create Read Replicaを選択することで,リードレプリカを作成することができる。
 
 
以上
 

参考
Amazon RDSで仮想DBインスタンスを作成する
RDSインスタンスの設定を変更する
Amazon RDSによるレプリケーションについて理解する | Developers.IO

Article written by

コメントを残す