技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

neosnippetの使い方

Vimにneosnippet.vimを導入してみたので使い方をメモ。
 

neosnippetの導入

neosnippetのインストールはneobundleで行った。

NeoBundle 'Shougo/neosnippet'

neosnippetを使うには以下のコードを.vimrcに記述する。(Kaoriya版Vimの場合は_vimrcに記述)

" Plugin key-mappings.
imap <C-k>     <Plug>(neosnippet_expand_or_jump)
smap <C-k>     <Plug>(neosnippet_expand_or_jump)
xmap <C-k>     <Plug>(neosnippet_expand_target)

" SuperTab like snippets behavior.
imap <expr><TAB> neosnippet#expandable_or_jumpable() ?
\ "\<Plug>(neosnippet_expand_or_jump)"
\: pumvisible() ? "\<C-n>" : "\<TAB>"
smap <expr><TAB> neosnippet#expandable_or_jumpable() ?
\ "\<Plug>(neosnippet_expand_or_jump)"
\: "\<TAB>"

" For snippet_complete marker.
if has('conceal')
  set conceallevel=2 concealcursor=i
endif

このコードは本家にあるneosnippetの設定コードなので、とりあえず真似して記述する。
 

neosnippet-snippetsを導入する

neosnippetはスニペットの定義ファイルが無いと動作しないので、定義ファイルを集めたneosnippet-snippetsを導入する。
 
こちらもneobundleでインストールする。

NeoBundle 'Shougo/neosnippet-snippets'

 

neosnippetの使い方

今回はPHPファイルで使用感を確認した。test.phpを適当な場所に作成し、Vimで開く。
おもむろにforと打ち込むとfor文やforeach文などの入力補完の候補が画面に現れる。
 
順方向に補完候補を選択するには<c-n>とする。逆方向に補完候補を選択するには<c-p>とする。(※<c-○>はCtrl + ○という意味。)
 
補完候補から入力を決定するにはTabを押す。<Tab>を押すごとにマーカーごとにジャンプができる。
 
 
以上
 
 
参考
Shougo/neosnippet.vim
Shougo/neosnippet-snippets

vim-surroundの使い方 arrow-right
Next post

arrow-left テーブルの正規化について
Previous post

コメントを残す