技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

vim-surroundの使い方

Vimにvim-surround.vimを導入してみたので使い方をメモ。
 

vim-surroundの使い方

vim-surroundの導入はneobundleを使用して行った。
 

選択中のテキストを括弧 / 引用符 / HTMLタグで囲う
元のテキスト コマンド 結果
This is a selected text. S' This is ‘a selected text’.
This is a selected text. S" This is “a selected text”.
This is a selected text. S[ This is [ a selected text ].
This is a selected text. S( This is ( a selected text ).
This is a selected text. S{ This is { a selected text }.
This is a selected text. S<b> This is <b>a selected text</b>.

 

「テキストを囲うもの」だけを削除もしくは変更する
元のテキスト コマンド 結果
This is ‘a surrounded text’. ds' This is a surrounded text.
This is (a surrounded text). ds( This is a surrounded text.
This is <b>a surrounded text</b>. dst This is a surrounded text.
This is ‘a surrounded text’. cs'" This is “a surrounded text”.
This is ‘a surrounded text’. cs'( This is ( a surrounded text ).
This is ‘a surrounded text’. cs'<b> This is <b>a surrounded text</b>.

 

「囲われるテキスト」の選択と「テキストを囲う」操作を同時に行う
元のテキスト コマンド 結果
This is ‘a surrounded text’. ysaw( This is ‘a ( surrounded ) text’.
This is ‘a surrounded text’. ysi'( This is ‘( a surrounded text )’.
This is ‘a surrounded text’. ysa'( This is( ‘a surrounded text’ ).

 

テキストの選択方法によってvim-surroudの挙動が変化する

テキストの選択方法にはビジュアルモード、ビジュアルラインモード、ビジュアルブロックモードの3つの方法があるが、モードによってその後のvim-surroudが取る挙動が変化する。
 

ビジュアルモード

ビジュアルモードでのテキスト選択後にS”とした場合、選択したテキストを囲むように”が挿入される。
 

ビジュアルラインモード

ビジュアルラインモードでのテキスト選択後にS”とした場合、選択したテキストを囲むように”が挿入され、”と選択テキストの間に改行と半角スペースが挿入される。
 

ビジュアルブロックモード

ビジュアルブロックモードでのテキスト選択後にS”とした場合、各行の選択したテキストを囲むように”が複数セット挿入される。 
 
 
以上
 
 
参考
Vim のプラグイン紹介 〜 surround.vim でカッコつける 〜

Vimのオペレーターとモーションについて arrow-right
Next post

arrow-left neosnippetの使い方
Previous post

コメントを残す