技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

HTMLのテーブルタグの仕様について覚えたことがあったのでメモ。
 

テーブルの全体について

テーブル全体の書式は以下のようになる。
 

テーブルの書式

<table>
    <caption>テーブルの見出し</caption>
    <thead>
        <tr>
            <th>セルの見出し</th>
            <th>セルの見出し</th>
        </tr>
    </thead>
    <tfoot>
        <tr>
            <td>フッタ</td>
            <td>フッタ</td>
        </tr>
    </tfoot>        
    <tbody>
        <tr>
            <td>内容</td>
            <td>内容</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>内容</td>
            <td>内容</td>
        </tr>
    </tbody>
</table>

 

caption要素

<caption></caption>はあまり見慣れないが、テーブルの見出しとして使用するタグである。
 

thead, tbody, tfoot要素

テーブルを構成する要素には、ヘッダ(thead)、ボディ(tbody)、フッタ(tfoot)の3つが存在する。ヘッダにはセル(カラム)の見出しを、ボディにはセル(カラム)の内容を、フッタには注釈や定型文などを記述する。
<tfoot></tfoot><tbody></tbody>よりも前に記述するのは不自然に感じるが、表データが大きい場合などに、表内のデータをすべて取得することを待たずにユーザーエージェントがフッタのレンダリングを行えるように<tfoot></tfoot><tbody></tbody>よりも前に書くことが推奨されている。
 
 
以上
 
 
参考
tfoot は tbody の前に書いた方がいいよ | WWW WATCH
caption – テーブルの見出し

RDBのテーブル分割について arrow-right
Next post

arrow-left ActionScript 3.0の構文復習
Previous post

コメントを残す