技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

久々にAmazon EC2のAmazon LinuxにApacheをセットアップしようとしたところ、手順を忘れかけていたのでメモを残しておく。ちょっと、ハマったりもしたのでその辺りも含めて。
 

Apacheのセットアップ手順

Amazon LinuxへApacheをセットアップするには、以下の手順に沿って行う。

  1. yumコマンドでApacheをインストールする
  2. chkconfigコマンドで起動設定を行う
  3. DocumentRootを確認する
  4. Apacheを起動する

 
以下より、手順ごとに解説する。
 

yumコマンドでApacheをインストールする

以下のコマンドを実行し、Apacheをインストールする。

sudo yum install httpd

 

chkconfigコマンドで起動設定を行う

以下のコマンドを実行し、Apacheの起動設定を行う。

sudo chkconfig httpd on

 
chkconfigコマンドで起動設定が成功しているかを確認することができる。

chkconfig

 
以下のように表示されれば設定が成功している。

httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

 

DocumentRootを確認する

DocumentRootを確認するにはhttpd.confファイルを見る必要がある。以下のコマンドを実行することでhttpd.confファイルの中身を見ることができる。
 

sudo cat /etc/httpd/conf/httpd.conf | less

 
以下のように入力すると設定項目に飛ぶことができる。

/DocumentRoot

 
デフォルトでは、DocumentRootは/var/www/htmlに設定されていることが分かる。
 
cathttpdconf
 

Apacheを起動する

以下のコマンドを実行し、Apacheを起動する。

sudo /etc/init.d/httpd start

 
EC2インスタンスに割り当てたElastic IPをブラウザから叩くことでApacheが起動したことを確認することができる。
 
Apache_Test_Page
 

設定が上手くいかないとき

ここまでの手順を踏んでも上手く設定できていない場合は、見落としがちな以下の3点を確認する。
 

  1. インスタンスのSecurity Groupは適切に設定しているか
  2. インスタンスにElastic IPを適切に割り当てているか
  3. 管理者権限(sudo)でApacheをインストールしているか

 

インスタンスのSecurity Groupは適切に設定しているか

Amazon EC2で作成したインスタンスにはSecurity Groupを割り当てる必要があるが、Security Groupには、80番ポート(HTTP)からのアクセスを許可する設定をしなければ、ブラウザから確認するときにアクセスが拒否されてしまう。
 

インスタンスにElastic IPを適切に割り当てているか

Amazon EC2で作成したインスタンスにはElastic IPを割り当てる必要があるが、Elastic IPを割り当てていない場合、時間が経つとPublic IPが自動的に変更されてしまう。
 

管理者権限(sudo)でApacheをインストールしているか

Apacheのインストールは管理者権限で行う必要がある為、Apacheをインストールする際はsudoコマンドを用いるか、もしくはsudo su -コマンドで管理者権限を得た後にApacheをインストールしなければならない。
 
これでApacheのセットアップは一通り完了した。
 
 
以上
 
 
参考
Amazon EC2のMicro InstancesにApacheをセットアップする

Amazon LinuxにMySQLをセットアップする方法 arrow-right
Next post

arrow-left バイナリの基礎知識
Previous post

コメントを残す