英語における従属接続詞の使い方

接続詞の基本的な用法を社内勉強会で習ったので,改めて使い方を調べてメモしておく。

接続詞とは

接続詞は,文と文,節と節、句と句、語と語など項目同士の関係を示す役割を担う品詞のひとつである。接続詞には,語と語,句と句,文と文を等しい関係でつなぐ等位接続詞と,文と文を主従関係でつなぐ従属接続詞の2種類が存在する。

従属接続詞とは

従属接続詞は,文と文を主従の関係で結ぶ接続詞である。複文において,主節と従属節を結び付ける働きをする。ここでの主節とは,それ自身で独立した文になれる節のことであり,従属節とは,主節に付加的な情報を与える節のことで,それ自身では独立した文になれない節のことを指す。
 

主な従属接続詞

時を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
when するとき
whenever, every time, each time するときはいつでも
while している間は
before する前に
by the time するまでには
until, till までずっと
after した後で
since してからずっと
as soon as, the moment, the instant, directly するやいなや

 

原因、理由を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
because なぜなら~だから
since なので
as なので
that だから
now that 今や~だから
seeing that だから
on (the) grounds that ~を根拠として、~の理由で

 

仮定、条件を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
if もし
on condition that もし
supposing(that) もし
in case もし
as[so] long as ~で(さえ)あれば
unless もし~でないなら

 

目的を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
in order that するために
so that するために
that するために
lest ~しないように
for fear (that) ~しないように
in case ~したばあいにそなえ

 

結果を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
so [形容詞か副詞] that 非常に~なので
such [名詞] that 非常に~なので
as (比較を行う)
than (比較を行う)

 

譲歩を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
though ~にもかかわらず、~といえども
although ~にもかかわらず、~といえども
even if たとえ~であっても
even though たとえ~であっても
while ~ではあるが、~する一方で
as ~にもかかわらず ※young as he isのように節内の主格補語の形容詞などが倒置される。

 

様態を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
as ~のように
like ~のように
as if あたかも~のように
as though あたかも~のように

 

範囲を表す従属接続詞
従属接続詞 意味
as far as ~の範囲では

 
 
以上
 
 
参考
接続詞 – Wikipedia

Article written by

コメントを残す