技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

Vagrantを使い始めて半年経つので,そろそろ使い方をブログにまとめておく。
 

Vagrantとは

仮想環境の雛形を作成し,どこでも簡単に同じ環境を再現できるようにするソフトウェア。
コンピュータ上にVirtualBoxで仮想マシンを起動し,その上でLinuxやWindows,Mac OS Xなどを動作させることができる。Vagrantでは仮想マシンやOSの設定をテキストファイルで与えることで特定の状態に初期化することができ,この設定ファイルをコピーすることでどこでも簡単に同じ仮想環境を再現することができる。
 

Vagrantのセットアップ

上記の通り,VagrantはVirtualBoxと連携して動作するので,両方をインストールする必要がある。
今回はHomebrewとhomebrew-caskを使ってVirtualBoxとVagrantをインストールする。
Homebrewとhomebrew-caskの使い方については,説明を省きたいので,こちらの記事をご閲覧いただきたい。
 

brew cask install virtualbox
brew cask install vagrant

 

Boxとは

BoxとはVagrant用に調整されたOSが格納されたファイルである。以下のページから様々なBoxをダウンロードすることが出来る。
 
A list of base boxes for Vagrant – Vagrantbox.es
 

Boxを追加する

仮想環境を構築するにはOSが必要なので,以下のコマンドでVagrantにBoxを追加する。

vagrant box add precise64 http://files.vagrantup.com/precise64.box

 

Boxが追加されたことを確認する

VagrantにBoxが追加されたことを確認するには,以下のコマンドを実行する。

vagrant box list

 
precise64と表示されればBoxの追加が成功している。precise64というのは,先ほどBoxに付けた名前である。
 

Vagrantの初期設定を行う

任意のディレクトリを作成し,仮想マシンを初期化・セットアップする。

mkdir test #任意のディレクトリを作成
cd test
vagrant init precise64

 
vagrant initを行うと,Vagrantfileというファイルが生成される。このファイルには,ベースとしたイメージファイルや,作成された仮想マシンのIPなどが記録されている。
 

Vagrantの使い方

仮想マシンを起動する。

vagrant up

 
仮想マシンをシャットダウンする。

vagrant halt

 
Vagrantfileの再読み込みする。

vagrant reload

 
仮想マシンの状態を確認する。

vagrant status

 
仮想マシンを除去する。

vagrant destroy

 
仮想マシンにssh接続する。

vagrant ssh

 
ChefやPuppet,Ansibleなどと連携して仮想マシンに対してプロビジョニングを行う。

vagrant provision

 
Vagrantを起動しつつ,プロビジョニングする。

vagrant up --provision

 
 
以上
 
 
参考
Vagrantとは – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
Vagrant セットアップ (Mac) – Qiita
Vagrantの使い方 ~仮想マシンを簡単に作成しよう。 – (゚∀゚)o彡 sasata299’s blog

Puppetの使い方 arrow-right
Next post

arrow-left PHPにおける値渡しと参照渡し
Previous post