会社で支給されたWindowsにMacライクな開発環境を整えた

前の会社ではMacbook AirにiTerm2(ターミナル環境)、Alfred(アプリケーションランチャ)、Vim(エディタ)などをインストールして開発を行っていたが、転職に伴ってPCがIiyama製のWindowsノートパソコンに変わったので、前の開発環境になるべく近付けるように色々な設定を行った。
 

ターミナル環境

iTerm2の代わりにCygwinをインストールした。Cygwinは仮想的にターミナル環境を実現するツール郡である。Cygwinに付属のMinttyはiTerm2と比べてもほとんど遜色ないが、タブが使えないのが残念である(仕方がないので、tmuxのタブ機能で代替している)。
 

アプリケーションランチャー

Alfredに代わるランチャとしてExecutorをインストールした。Alfredと比べて、Executorは無料であるが、Alfredの備える様々な機能には残念ながら及ばない。しかし、普通にランチャとして使うなら十分に納得のいくものである。
 

メインエディタ

Macbookで開発していたときは、PHPとJavascriptをメインで書いていたこともあって、VimにneosnippetとneocomplcacheとSyntasticとJSLintを導入してやっていたが、転職に伴いメインで使う言語がJavaになってしまった。Javaと言えば、Eclipseが最強過ぎてVimではイマイチ追従出来ないのでEclipseにVrapper(Vimのキーバインディングを実現するプラグイン)を入れることで満足のいくものになった。Vrapperでは、vim-surroundが使えるし、補完はneocomplcacheの代わりにCtrl + Spaceを使えば良い。更にVimでおなじみのCtrlpの代わりにCtrl + Shift + rでファイルの語句検索も出来るし、Taglistが無いと生きられない人の為にCtrl + Alt + hによる階層ジャンプも用意されている。
Vrapperの導入については、こちらの記事にまとめた。
 

マークダウンエディタ

Macのマークダウンエディタと言えば、Macdownの使い勝手が群を抜いて良かったが、あの使い勝手に最も近いであろうマークダウンエディタをWindowsでも見つけることが出来た。アプリケーション名は、Haroopad。なんとMacdownに無かったVimキーバインドまで使える優れものなのだが、惜しいことに少しバグがあるようである。
 

おまけ:タッチパッドをMacbook Airのタッチパッドの触り心地に近付ける試み

メーカーにより設定方法が異なるが、私の環境での設定方法を載せておく。
[コントロールパネル]-[マウス]-[デバイス設定]-[設定]から設定を行う。

  • 1本指でのスクロールを無効にする
  • PalmCheck(タッチパッドの誤操作を防ぐ機能)を最大まで上げる
  • タッチ感度を最大まで軽くする
  • タップ機能を全て無効にする

 
 
以上
 
 
参考
特になし

Article written by

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.