技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

CygwinにJavaをインストールしようと思い、Cygwinのsetup.exeやapt-cygからパッケージを探したのだが、見つからなかった。
 
調べてみるとCygwin用のJavaは提供されていないらしく、既存のCygwinユーザの方々は渋々Windows用のJavaを使っているようだ。しかし、Windows用のJavaをCygwinで使おうとすると、パスの書き方をWindowsのパスの書き方にしないといけなかったりで、なかなか煩わしい(Windowsのディレクトリ構造を表す円マークはCygwinではエスケープ文字という扱いがされていたりして)。
 
そこで、CygwinでJavaを快適に使うための方法が紹介されている記事を見つけたので、それを参考にしてjava_wrapperを導入してみたのでメモしておく。
 

java_wrapperを導入する

まずは、こちらのサイトからjava_wrapperをダウンロードする。
Cygwin上でJavaコマンドを快適に使用する環境 プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP
 
ダウンロードしたjava_wrapperをCygwinの/binに配置する。
 
続いて、環境変数JAVA_HOMEにWindows版のJavaがインストールされている(binディレクトリが存在するディレクトリ)を設定する。[システムのプロパティ]-[詳細設定]-[環境変数]-[システム環境変数]-[新規]から変数名をJAVA_HOME、変数値をC:\Program Files\pleiades\java\8として設定する(変数値はそれぞれの環境で異なるので要確認)。
 
Cygwinの/binディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行する。

./java_wrapper createsymlinks

 
このコマンドは、単にWindows版Javaのbinディレクトリにある.exeと名前の付いたプログラム名をコピーし、”javaw”などの実行用のシンボリックリンクを自動生成するものである。
 
尚、このコマンドを実行した際に”○○○のシンボリックリンクの作成に失敗しました”のようなエラーが表示されるが、気にしなくて良い(私がこの記事を書いている2015年3月10日時点でのjava_wrapperの最終更新日は2011年09月19日となっているので、2011年当時のWindows版Javaのbinディレクトリと最新版のJavaのbinディレクトリでは構成に差異がある可能性が高いため)。
 
Cygwinのmintty上で以下のようなコマンドを実行して、正常に設定できているかを確認する。

java -version

 
実際のレスポンス

java version "1.8.0_20"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_20-b26)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.20-b23, mixed mode)

 
 
以上
 
 
参考
CygwinでJavaを快適に使う

Swingのフレームで画面遷移するアプリケーションを作った arrow-right
Next post

arrow-left 会社で支給されたWindowsにMacライクな開発環境を整えた
Previous post