技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

 
 

基本

要所に張ったブレークポイントで処理を一時停止させ、ステップイン/ステップオーバー/ステップリターンで処理の流れを追うのが基本的なデバッカーの使い方となる。
ブレークポイントを張った状態だと、変数の中身を見ることが出来る。
 
 
 

宣言/型階層/呼び出し階層 を開く

Eclipseでは右クリックから「宣言を開く」「型階層を開く」「呼び出し階層を開く」によって、
宣言元、継承されている型階層、宣言を呼び出している階層の情報をリストで見ることが出来る。
 
この中でも使用頻度が高い「呼び出し階層を開く」はデフォルトでF3キーにショートカットが割り当てられている。
 

Androidのデバッグ手法 arrow-right
Next post

arrow-left Objective-Cの勘所7 インスタンスの生成についての扱い
Previous post

コメントを残す