技術の犬小屋

Webプログラミングを餌に生きる犬のメモ帳

仕事でAndroidによる開発を行ったので、その際に用いたデバッグ方法のメモ。
  
 

方法

Androidには専用のデバッグツールがあり、その名もLogCatという。
 
EclipseにAndroidSDKをインストールした際にはLogCatがデフォルトで付属する。
 
LogCatには専用の命令が用意されており、以下のような記述で強制的にログに自分でコメントを出力することができる。
 
 

Log.d("○○のデバッグ", "ここを通過したよ!");

 
第1引数がタグ、第2引数がテキストという分類でログに出力される。
 
 
 

例外処理を合わせて使う

Androidアプリの開発ではJavaを使うので、この場合の例外処理はtry catch文を使う。
 
以下のようにエラーが発生しそうなコードをtryブロックで囲み、catchブロックにLog.d();を書いておく。
 

try{
    //エラーが発生しそうなコード


} catch (Exception e) {
    Log.d("例外処理でのデバッグ", "上記のコードでエラー発生です。");
}

 

プログラミングにおける命名規約について arrow-right
Next post

arrow-left Eclipseのデバッカーの使い方
Previous post

コメントを残す