SubversionとEclipceとWinSCPでソースを一元管理する方法

上司にこの管理方法を教えてもらった。結果から言うとソースコードの管理が楽になり、ミスも減り、時間も短縮できた。
 

Subversionの準備

リポジトリに管理したいソースファイルを追加する。ソースファイルをローカル環境にチェックアウトしておく。
 

Eclipseの準備

新規 → プロジェクト → 一般の中のプロジェクトを選択し、プロジェクトの作成画面に入る。
「一般のロケーション」は使用せずに「Subversionの準備」にてチェックアウトしてきたフォルダをロケーションに指定し、プロジェクトを作成する。
 

WinSCPの準備

転送設定を追加する。オプション → 環境設定 → 初期値設定 → 追加で転送設定画面に入る。除外マスクや転送モードなどを適切に設定する。除外マスクでは正規表現を使うことができる。
除外マスクの例:*; *.wbk; *~; #*; .#*; .svn/;.git/;.settings/;.buildpath;.project;*.log;.actionScriptProperties
 
次にセッションの設定を追加する。セッションとは、ローカルのディレクトリとサーバ側のディレクトリを紐付けてブックマークしておく機能である。これを設定しておくとファイル転送の際にいちいちローカルディレクトリを開かずに済むので時間短縮になる。
 
青地に白文字でパスが表示されている部分をクリックする。(画像参照)
 
セッションの設定はここから行うことができます。
 
新しく「位置情報」という名前のウィンドウが表示されたので「ローカルディレクトリ」と「リモートディレクトリ」を適切に書き換え「追加」を選択する。「OK」を選択するとセッション場所のプロファイルが新しく登録されたはず。次からはファイルの転送を行う際には今登録したセッションを使用して、ローカルとサーバのディレクトリを一致させる。
 
このセッションの設定にて「ローカルディレクトリ」に「Subversionの準備」にてチェックアウトしてきたフォルダを指定する。
 

まとめ

上記で説明した通りに設定することでEclipseで編集し、WinSCPでサーバーにアップロードして動作確認し、Subversionのリポジトリにコミットする、といった流れをソースファイルの移し替え等無しで一元管理することができる。
 

Article written by

コメントを残す