燻製写真館

さよならモネ

9月に入り、今年の夏はやたら寒かったという記憶がまとわりついて離れず、まだ夏っぽさを撮りきれていないとか、やり残したことがあったとか、そんな情念を霧散させるには全編パウダーブルー現像しかないな、というのが今回の趣旨。

時は8月中旬、場所は宮城県気仙沼市。高速道路を2時間以上走って辿り着いたのは気仙沼市の飯屋。

海が近い場所の海鮮丼に外れはないよね。今年の夏はやたらと海鮮丼食べてるな。

事前情報で「ももね祭り」という謎の風鈴祭りがあると聞きつけて、撮れ高を求めてやってきたが、そこには何故かランドセルが展示されていた。

風鈴を撮る気満々だったのに嘘だろ…と現実を受け入れられないまま撮り歩く。

現地に来てから初めて気付いたのだが、気仙沼市が猛プッシュしているのが、朝ドラで放送している「おかえりモネ」らしい。

僅かな希望に縋りつつ、風鈴を探してぶらぶら。この雑貨屋のショーケースはハイセンスだと思う。ここにもおかえりモネのグッズがあった。

パウダーブルーで自撮りもやっちゃう。おじさんになりかけている自分を積極的に残していきたいね。Youtubeでも始めようかな。

そして、不意に現れる… 風鈴!いやっほぉぉぉう!

巨大な扇風機で風を送る仕組みだから撮るのがマジで難しい。それに結構な暗所だし。

さて、風鈴を堪能したところで、車で今回の目的地である大島へ渡る準備。
この橋をずっと行けば、大島だ。

大島に到着したあとは適当に浜とかの写真撮りたいな~と考えていたところでちょうど遊覧船があるので乗ってみた。

乗ってから係りのおじさんに「おかえりモネ見てますかー?」と聞かれた。
いや、見てないんだよ。 この時点で少々悪い予感がしていた。

飛び道具として買ってみた中華魚眼、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye。Lマウント版。質感が良い金属鏡筒でずっしりと重みがある。常用はちょっときついから使う場所を選んで持っていきたい。

いざ出航。

大島まで渡ってきた橋を下から。

悪い予感は的中した。船が進み始めるとアナウンスで「あそこがモネちゃんの〇〇です」とか「ここでモネちゃんがうんたら」と、おかえりモネを視聴している前提の話が多め。
話題についていけない疎外感を感じつつも船は進む。

パウダーブルーにはハイキーやローキーを足しても面白いし、コントラストを上げても良いと思う。

船から降り、適当な甘味を求めて売店へ。ソフトクリームがめちゃ美味かったんだけど、撮るのを忘れてた。

シャボン玉。

ここから小田の浜海水浴場とか龍舞崎を見に行こうかな~と思っていた矢先、急に土砂降りの雨。泣く泣く諦めて帰った。

そういえば、未だにおかえりモネは観てない。

気仙沼市大島

モバイルバージョンを終了