燻製写真館

キャットアイランド VOL.1

8月でついに30歳を迎える。2000年当時はあれほど遠いと思っていた年齢に今到達しようとしている。なんだか人生が半分終わってしまったようなアンニュイな気持ちを吹き飛ばすべく、俺は楽園への扉を叩いた。

外国人の間ではキャットアイランドと呼ばれる、通称猫島。正式名称は田代島らしい。今回はその前哨戦である猫島への上陸作戦を綴っていく。

朝5時起きで電車で仙台へ向かい、さらに乗り継いで石巻で下車。ここから猫島への船が出ているらしい。

フェリー乗り場まで徒歩10分ほどあるので撮り歩く。

石巻といえば、石ノ森章太郎の誕生地である。サイボーグ009や仮面ライダーが出迎えてくれる。

しばらく歩いて目的地付近まで来ると、ちょうど石ノ森萬画館が見えた。

石巻中央発着所に到着。フェリー乗り場付近でチケットを買う。10分後、フェリーの定員に達したため、チケットの購入が閉め切られていた。ここまで3時間かけてきているので船に乗れなかったらたまったもんじゃなかったな。ギリギリセーフ。

船に乗り込む。SIGMA fpで手持ち撮影で動画を撮ってみた。カメラに手振れ補正が無くても大丈夫。あとからDavinci ResolveでスタビライズをかけてEvoke Musicの音楽を流すだけで大体良い感じになる。このワークフローであれば動画作成に5分もかからない。

天気良すぎて日焼けが気になるレベル。

猫島に行く前に、ウミネコ達も撮ってくれと煩いのでシャッターを切りまくった。

かっぱえびせん投擲マシーンと化したおじさんを隣に配置するという名采配。

かっぱえびせん貰えて良かったね、と言いたいところだがおじさんの完璧な投擲にも関わらずウミネコはキャッチに失敗していた。

乗り込んでから40分ほどウミネコに遊んでもらったところで、島が見えてきた。

こういうお店で新鮮な魚介を食べたい。

猫島へ上陸。島内のいろいろなものが猫をモチーフにしていて、どこを見ても可愛い感じ。

フェリー乗り場では恥ずかしそうに1匹のキャットが出迎えてくれたが、写真は撮れなかった。

これは暑い日になりそうだ。VOL.2へ続く。

宮城県石巻駅 石巻中央発着所経由 田代島

モバイルバージョンを終了