2020年7月にネオワイズ彗星が飛来した。あれからちょうど1年。

撮影当時は写真機(Sigma fp)を購入してから2か月ほど経った頃。
当時は星を撮ったことがなく、初めての撮影にドキドキしていたことを覚えている。

車を40分走らせて、蔵王山へ。

晴天の夜空をぼぉっと見上げていると僅かに彗星が見えたが、注目しようとするとぼやけてしまう。

レンズは45mm F2.8 DG DNの1本のみ。
こんな小さいレンズで本当に写るのかと半信半疑ながらカメラをセットして何枚か撮影。

SIGMA 45mm F2.8 DG DN

当時は適正の露光時間など、分かるはずもない。男は黙って30秒露光だ。

fpのプレビューでは上手く撮れたと思っていたが、帰ってからPCに取り込んで見てみると、見事に星が流れて、点像ではなくなってしまった。当たり前なんだけど。

それが当時の記憶を呼び覚ます味になっているんだと言い訳をしながら納得することにしよう。

蔵王山 御釜入口

Follow us!